作品情報 PROJECT

pj201507_title

道頓堀スイッチ

スイッチ総研

展示期間
10月16日(金)17時/19時  10月17日(土)14時/17時/19時 ※上演時間は各回45分
展示場所
とんぼりリバーウォーク
PHOTO
いいね!

スイッチを押すと始まる演劇

スイッチを押すとなにかがおこる、3~30秒の小さな演劇“スイッチ”。スイッチを押した参加者は一瞬で物語の観客あるいは主人公に。この“スイッチ”を街のあちこちに仕掛け、敷居ゼロの劇的空間をその場に生み出すプロジェクト。今回は道頓堀の水辺に独特の風情と趣きを発見した彼らが、その場所性を読み込んだ様々な“スイッチ”を繰り広げる。“そう来たか!”と大阪の人に思ってもらえれば…と意気込んでいる。

協力/KUNIOクロムモリブデン象の鼻テラスづぼらや 道頓堀店東京デスロックナイロン100℃ニッポンの河川ままごと劇団、本谷有希子

アーティスト情報

スイッチ総研

劇団「ままごと」の公演内企画から生まれ育った「スイッチ」という唯一無二かつ変幻自在な形態の作品を、より深く広くばかばかしく専門的に上演するための団体。2015 年1月結成。メンバーはスイッチ誕生の瞬間に立ち会っていた光瀬指絵(ニッポンの河川)、大石将弘(ままごと|ナイロン100°C) モットーは「大人げないことを大人のやり方で」