“床書キ原寸” 後藤 靖香

作品について

今も実寸大の橋の設計図が床に書きこまれたまま残されている巨大な空間に、当時そこで働いていた人々をテーマにした平面作品の新作を展示。日々の葛藤を抱えながらも、誠実に労働する人の中に愛おしさと深い尊敬の念を抱く作者が、大阪の歴史と、それを築いてきた人々の魅力を再発見しようと取り組む。

>>アーティスト情報

■日時:11月23日(水)~12月23日(金) 10:00〜19:00

■会場:名村造船所跡地 クリエイティブセンター大阪4階(製図室)

■関連イベント
トークイベント「アーティストトーク01」
トーカー:建畠晢(京都市立芸術大学学長)、山田創平(都市社会学者)、後藤靖香(「床書キ原寸」作家)
■日時:12月3日(土)14:00~

トークイベント「アーティストトーク02」
トーカー:池上司(西宮市大谷記念美術館学芸員)、はまぐちさくらこ(画家)、後藤靖香(「床書キ原寸」作家)
■日時:12月17日(土)15:00~

■会場:名村造船所跡地 クリエイティブセンター大阪4階(製図室)※全日程共通

<ゲストプロフィール>
山田創平(都市社会学者)
1974年群馬県生まれ。専門は都市空間論、感染症対策、地域史。エイズ予防の民間団体「MASH大阪」の副代表もつとめる。近年はアート・プロジェクトにも係わりを深め、ブブ・ドラ・マドレーヌさんとのユニットにより作品発表などもおこなっている。

建畠晢(京都市立芸術大学学長)
京都府生まれ。早稲田大学文学部仏文学科卒業。「芸術新潮」編集者、国立国際美術館主任研究官を経て、1991年、多摩美術大学美術学部芸術学科助教授、1995年、同教授(2005年より客員教授)。2005年、国立国際美術館長に就任。この間、コロンビア大学客員研究員(2000-2003年)、東京藝術大学客員教授(2008-2010年)などを務める。専門は現代美術。1990年、1993年、ヴェネチア・ビエンナーレ日本館コミッショナー、2001年、横浜トリエンナーレアーティスティック・ディレクター、2010年、あいちトリエンナーレ芸術監督。また、詩人としては、1991年に『余白のランナー』で第2回歴程新鋭賞、2005年に『零度の犬』で第35回高見順賞を受賞。

池上司(西宮市大谷記念美術館学芸員)
1974年島根県生まれ。大阪大学大学院博士前期課程修了。専門は現代美術、美術批評。 主な展覧会に「美術館の遠足」(1999-2006年)、「パラモデルの世界はプラモデル」(2010年)。近年の評論に「神戸とビエンナーレはどうLINKするか」(『ART RAMBLE』25号、2010年)、「シンガポールで見た現代美術の外側」(『視覚の現場』9号、2011年)など。」

はまぐちさくらこ(画家)
1981年 京都生まれ。2001年京都嵯峨美術短期大学 絵画3コース卒業、2008年 インドヴィシュババラティ大学版画コース短期留学 2002年 『GEISAI 2』において奈良美智個人賞を受賞 以後2004年の『GEISAI 5』で金賞、2005年の『みづゑ』絵本部門大賞・みづゑ大賞を続けて受賞するなど、次世代の注目作家として脚光を浴びている。発表活動も断続的におこなっており、近年は年5回以上の個展・グループ展に出展し、制作のスピードと想像力の豊かさには驚かされるものがある。Artdish g、アートスペース羅針盤、ビリケンギャラリー(以上、東京)、ギャラリーはねうさぎ(京都)、浜崎健立現代美術館(大阪)などで個展開催。

作品関連情報:
Youtube動画(ボイス・シーン・スペシャル)
展示した場所や、選考作品についての作家インタビュー、制作風景、ワークショップの模様などを収録。

Flickr(写真)
制作現場や展示風景などを選考作品作家ごとに収録。

ブログ記事(アーカイヴ)
開催期間中に掲載されていた各種お知らせ、選考作品作家からの報告、スタッフによるレポートなどを収録。

○ユーストリーム(トークイベント)
開催期間中に行われた関連イベントの記録。(制作・放映:SNOsaka※)
【おおさかカンヴァス】『床書キ原寸』後藤靖香アーティストトークショー vol.1
【おおさかカンヴァス】『床書キ原寸』後藤靖香アーティストトークショー vol.2

※SNOsaka・・・2011年に大阪市が(株)角川マガジンズ(関西ウォーカー)、LLPアートサポート(大阪市立芸術創造館指定管理者)と共同で立ち上げた、ソーシャルネットワーキングサービスを活用したプロジェクト。
ユーストリームを使い、大阪の生活・文化に関する市民参加型ネット番組を配信。